株式助言サービスの活用の仕方

>

株式助言サービスを利用すると

助言サービスのメリット

投資顧問会社の株式助言サービスを利用すると、現在進行形で変化していく株式の情報をその場その場で提供してもらえるようになります。

ネットやSNSからだけではなく電話やメールからその時の株式情報を教えてもらえるので、自分で情報収集する手間が省くことができます。
また、投資が上手くいかなかったときには、株式投資に関係する相談にのってもらえます。

株式市場や購入販売を考えている株式の購入販売価格を、その時の最新情報を提供してもらえます。
自分で、情報収集を行う手間が省け、時間の短縮にもなります。
短縮できた時間は、その分、株式投資の分析や勉強に時間を当てることができます。

この他にも、これから値上がりするであろうという株式を予想して教えてもらえます。
値上がりする株式を購入して、販売するべきタイミングを教えてもらえるので、誰でも投資をすることができます。

助言サービスのデメリット

株式助言サービスを利用するとなると、お金がかかります。

株式助言サービスを利用するとなると、顧問費用を支払わなければなりません。
投資顧問会社に支払う顧問費用は、毎月、十万円程度の費用がかかります。
投資で利益を上げることができても、株式助言サービスの費用を差し引いたら、さして利益にならなかったという場合があります。

また、株式助言サービスを利用したからと言っても、必ず投資で利益を挙げられるわけではありません。
しかし、ちゃんとした投資顧問会社を利用していれば投資で大損することはないので、安心です。

投資顧問会社と名乗っていても、アドバイザーとして専門的な知識を持っている人がいない会社があります。
そのような会社で投資の助言を受けた場合には、大きな損失を被ってしまう可能性があります。


この記事をシェアする